入社祝い金が高い!おすすめ期間工派遣会社

期間工おすすめ派遣会社

期間工 入社時期 いつがおすすめ?

期間工の仕事

期間工 入社時期 いつがおすすめ?

投稿日:2019年12月26日 更新日:

期間工 入社時期

期間工の入社時期、いつがおすすめ?

期間工の求人募集はそれこそ、どこかしらで一年中あります。
年末年始も、募集自体はあって派遣会社のホームページなどから応募は可能です。
(さすがに派遣会社からの連絡は年末年始休暇明けにはなりますが・・・)

期間工としてメーカーに入社するにしても、それぞれの季節やタイミングによって、

  • 採用されやすい時期
  • 待遇が良い時期
  • 働きやすい時期

とあります。

それぞれの入社時期についてみていきましょう。

期間工の入社時期、おすすめの時期をご紹介しています。

ちなみに入社祝い金が高い期間工求人が多い最大手は、

アウトソーシング(期間工.jp)

です。

期間工の入社おすすめ時期

期間工になる目的、一番はやっぱり【お金を稼ぎたい】でしょう。

その場合、期間工の入社時期でおすすめは「入社祝い金が高い時期」です。

初めての期間工の仕事、体があまりキツくない時期が良いな・・・といったことであれば、「季節的に働きやすい時期」がおすすめです。

お金が無い!今すぐ期間工になって稼ぎたい

期間工で働くといっても、入社時期を選べる方、選べない方もいると思います。

ぶっちゃけ、生活費に困っている方、借金があってクレジットカードの次の引落がまじやばい、という方は早く働かないといけないでしょう。

入社に良い時期を待っている余裕は無いと思います。

早く派遣会社に登録して、入社祝い金が高いメーカー中心に採用試験を受けて、最短で入社して早く赴任して働く、初給料まだかな入社祝い金はよ、といった感じになるでしょう。

そうでは無い場合、特に未経験から初めて期間工になる場合には、

目的よって異なる期間工のおすすめ入社時期

「期間工になるにはいつが良いの?」

「期間工の入社時期はいつがおすすめ?」

といったことも気になると思います。

期間工としてメーカーに入社するにしても、それぞれの季節やタイミングによって、

  • 採用されやすい時期
  • 待遇が良い時期
  • 働きやすい時期

などがあります。

入社時期を少し考えることが出来る場合には、待った方が良いこともあるでしょう。

また初めての期間工、ということであれば少しでも働きやすい時期を入社時期にしたい、という気持ちもあると思います。

多くの期間工がキツイ、というのはです。

工場など製造現場でキツイのはやはり夏の暑い時期、となります。

この時期は辞める人も多くなります。

メーカーも期間工の採用を再開したり、多めに期間工を採用しておく、といった動きもあるようで未経験者や30代後半、40代の方も採用されやすい時期ともいえます。

暑さには自信がある、という方は狙い目の時期かもしれません。

期間工 入社におすすめ時期にはいくつかパターンあり

期間工に入社する時期、目的によっておすすめ入社時期が変わってきます。

目的別におすすめの入社時期を考えてみたいと思います。

入社祝い金が高い時期に期間工として入社したい

期間工になるのは「稼げる」からだと思います。

少しでも収入が高くなる時期に入社したい場合、重要なのは入社祝い金です。

入社祝い金はメーカーから直接振り込まれるものと、派遣会社からの入社祝い金と2つあります。

どちらも高額になる時期が狙い目です。

入社祝い金が高額になる時期は、メーカーが期間工を採用したい時期といえます。

4月、5月頃は退職者もあり期間工の採用が増える傾向があります。

ただ、最近は一年を通して入社祝い金が高いメーカーがいくつか見つかりますので、勤務地、仕事内容やメーカーにこだわりが特になければ、入社祝い金が高いメーカーは見つかりやすいです。

働きやすい時期に期間工として入社したい(おすすめ入社時期)

キツイ、といわれる期間工の仕事。
(部署によっては仕事に慣れると今度は退屈・単調というキツさが辛いと言われます)

期間工の仕事は夏の暑さ、冬の寒さがとても厳しいといえます。

辛いのは、暑さが厳しい時期、冬の厳しい寒さの時期に仕事に慣れていないこと。
気候の辛さ、仕事を覚える辛さ、ミスの辛さなどが重なって仕事が嫌だ、辞める、といってことになりやすいといえます。

働きやすい時期に仕事を覚えることが出来れば、夏、冬と期間工の仕事を乗り切って稼げる可能性が高くなります。

働きやすい時期としては、5月、9月頃が入社時期としておすすめです。

初めて期間工として働く、と言った場合には特におすすめ入社時期となります。

期間工に合格しやすい時期

期間工は採用されやすい、とよく言われます。

しかし、100%の採用率ではありませんよね。
8割、9割採用の世界です。

そこには不採用になる人もいます。

働きたいメーカーがあるのに、不採用になるのは悲しいですね・・・
その分、時間もかかってしまいます。

しかしメーカー側が期間工を大量採用したい、出来るだけ採用して人材確保したい時期は話が別です。

採用基準も緩くなり、未経験者や40代の方も採用されやすい時期になる場合もあります。

人が集まりにくいと言われる9月、10月頃は良いかもしれません。

派遣会社に問い合わせると、採用されやすい時期について情報がもらえるかもしれません。

ただ、期間工になるのなんて楽勝、と思っていくと面接で落ちる可能性があります。

いつの時期に期間工になるにしても、面接対策はしっかりと行うことが大切です。

結局、期間工になる入社時期はいつがおすすめ?

今すぐお金が必要!といった状況の場合には、入社時期を選んでいる余裕は無いと思いますので、できるだけ早く応募されることをおすすめします。

最短で働けるメーカーを探す、といったことも派遣会社に相談することが出来ます。

働きやすさで入社時期を考えると、5月、9月。

4月入社で入社祝い金が高いなら、ここも考えてみても良いかもしれません。

4月、5月が入社時期になれば夏本番が来る前に仕事を覚えて、乗り切りやすくなるといえます。

短期3ヶ月だけ期間工で働きたい場合には、本格的に暑い夏、7月、8月が来る前に満了を狙うことも考えてみると良いかもしれません。

入社時期のおすすめに関しては、人それぞれな面が大きいです。
自分はこれが一番気になる、といったことがクリアできる時期を考えてみることも大切かなと思います。

⇒ アウトソーシング(期間工.jp)

期間工入社時期 関連記事

期間工 受かりやすい時期について

稼ぐためにトヨタやホンダの期間工求人に応募しようと思っているけれど、万が一にも採用試験に落ちたくない・・・。落ちやすい時期もあります。
期間工が受かりやすい時期について。

-期間工の仕事
-

Copyright© 期間工おすすめ派遣会社 , 2020 All Rights Reserved.