入社祝い金が高い!おすすめ期間工派遣会社

期間工おすすめ派遣会社

期間工で働くメリット・デメリット

期間工の仕事

期間工で働くメリット・デメリット

投稿日:2019年12月16日 更新日:

期間工 メリット・デメリット

借金を返済したい、短期間でお金を貯めたい、とりあえずフリーター・ニートから脱出したい。

期間工として働くメリットはなんといっても給料が高いこと。

長く働けば期間満了金などもありますし、入社祝い金をもらえる期間工求人もありますから、金額によっては十分に借金を一掃することも可能です。

寮完備のメーカーも多いですし、食費補助などもある場合本当に短期間で貯金が貯まります。

借金返済だけではなく、将来の企業資金のために期間工として働くことをお考えの方もいらっしゃるのではと思います。
他に選択肢が無くて、とにかく高収入が得られるメーカー(トヨタなど)で働きたい方もいるかもしれませんね。

ここでは、期間工として働くメリット・デメリットについてまとめています。

期間工は稼げる!

期間工は稼げます

初月から毎月の月給が高いこともそうですが、長く働けば働くほど稼げる仕組みにもなっています。

また、作業をこなしさえすれば、未経験者でも確実に稼げる仕事です。

期間工として働く目的が「お金」「借金の返済」という方は思った以上に多いです。

仕事に慣れることが出来れば、短期間で数百万円の貯金を作ることも可能です。

期間工で働くメリット・デメリット

期間工として働くメリット・デメリットについてみていきたいと思います。

「高収入、でも仕事はキツイ」

体力には自信があるけれど、それでもやっぱり仕事はキツイ?など思われている方も多いかもしれません。

期間工の本当の辛さとして言われるのは、何でしょうか。

そういったデメリット以上に、稼げることも事実です。

期間工のメリット

期間工として働くメリットです。

メリットがあるからこそ、キツイ期間工の仕事も常に需要があります。

長く働いて、かなり稼いでいる人もいます。

月収が高い、給料が良い

期間工で働くメリット、一番の目的でもありますが「月収が高い、給料が良い」ことです。

月収30万円以上の求人も多いですが、手当を含めて手取り30万円以上を学歴、経歴問わず稼げる仕事は他にはなかなかないといえるでしょう。

残業が多いメーカーを選んで働けば、さらに高額な手取りを得ることが出来ます。

期間工の平均年収は450万円となります。

後ほどご紹介しますが期間工として働く場合、生活費があまりかからない生活を送れますので、本当に年間で200万円、300万円と貯金することは可能です。

入社祝い金

入社時に、入社祝い金がもらえる期間工求人も多いです。

特に派遣会社を通して期間工として働く場合、メーカーからの入社祝い金に加えて、派遣会社からの入社祝い金も合わせると非常に高額な金額になります。

入社祝い金40万円、時期によっては45万円、50万円といった入社祝い金が振り込まれます。

入社祝い金が得られる仕事は他にもありますが、期間工はトップクラスの金額といえるでしょう。

満了慰労金(契約満了金)・皆勤手当・契約更新手当

期間工が稼げる理由として、手当が多いこと、そして満了慰労金が高額な金額であることなどが挙げられます。

メーカーごと、工場ごとに満了慰労金の金額、支給規定なども異なりますが満了慰労金があることによって、期間工は契約期間を終えれば手元にお金が残る仕組みになっています。

特に高額な満了慰労金なのがトヨタ自動車です。
約3年で総額300万円以上の満了慰労金となります。

他にはスバル、日産なども高額の満了慰労金が支給されます。

他にも普段から残業手当、夜勤手当、皆勤手当、契約更新手当などもあり、期間工が稼げる理由となります。

期間工は寮完備、家賃無料

多くのメーカーは寮を完備しています。

個室、相部屋、共用部分などは寮によって違いがありますが、寮費は無料です。
その分、手取りを残すことが出来ます。

これも、期間工が稼げる大きな理由となります。

食費補助、支給

メーカーによっては食費に関しても補助などがあります。

食堂がある場合、食費自体が安い場合もあります。

とはいえ毎日食堂の食事に飽きることもあります。
その場合には、コンビニやたまに外食に行ってお金を遣っても良いと思います。

時々コンビニ食、外食をしてもそれ以上にお金が残ります。

短期で働くことが出来る

期間工として働く場合、長期だけではなく短期でも働くことが可能です。

はじめて期間工として働くことを考えた場合、不安も大きいと思います。
でも稼ぎたい。

それなら、試しに3ヶ月だけ短期で働いてみようかな、ということも可能です。

短期で働いてみて、続けられそうだったら長く働きたい、ということも可能です。

初めての期間工、まずは短期間で働いて様子を見たい、といった場合には契約期間には注意が必要です。

3ヶ月で辞めるつもりだったのに、契約期間が6ヶ月だった。
もう辞めたい・・・といったことになると大変です。

正社員登用あり

フリーター・ニートから期間工として働く人の中には、正社員登用についてもお考えの方もいると思います。

期間工から、毎年多くの人が正社員登用されています。

大手自動車メーカーの正社員に就職できる可能性がある、ということも期間工のメリットに挙げても良いでしょう。

ただ、ガッツリ稼ぎたい場合には正社員になると給料が下がったり、満了慰労金の絡みもありますのでしっかり検討することが必要にはなります。

学歴、職歴関係無しで高収入で働ける

期間工は健康な人であれば、学歴、職歴は問わず採用されます。

トヨタ自動車などは不採用になるケースもありますが、どこかの期間工としてまず働くことは可能です。

未経験者OKの期間工求人は非常に多いです。

派遣会社に登録をして、仕事内容や待遇などに関して相談しても良いでしょう。

期間工のデメリット

期間工のデメリットとして代表的なものを挙げて見ていきたいと思います。

ただ、デメリット以上に稼ぐことが出来ます。

期間工は体力的に大変、シフトに慣れるまで大変

期間工の仕事は体力勝負です。

仕事自体は単純労働ではありますが、担当する作業によっては非常に疲れます。
バネ指などになる可能性もあります。

また期間工はシフト勤務で「夜勤」もあり、週によって日勤、夜勤とシフトが変動しますので、体がキツイといえます。

シフト勤務も徐々に慣れてくる、という人は多いですが健康管理のために、睡眠の取り方、夜勤明けなどの過ごし方に気をつける必要があります。

仕事のやりがいが無い

一番キツイと感じのが、

仕事のやり甲斐が無い

ということを挙げる期間工経験者は多いです。
日々、同じ作業を繰り返すことになります。

2年11ヶ月、同じ工程を繰り返します。
しかし、給料は良いです。

仕事を終えた後の楽しみ、貯金が増える楽しみ、期間満了したらどんなことをしようか、といったことを考えながら、契約期間を乗り切ることが必要です。

期間工は契約期間がある

期間工の仕事は3ヶ月、6ヶ月など契約期間が決まっています。

契約更新する人も多いですが、どうしても人間関係がキツイ、作業内容を変えたい、寮が嫌だ、など何らかの事情で期間満了にしたい場合もあると思います。

その場合、次の仕事を見つける必要があります。

とはいっても、期間工.jp(アウトソーシング)など派遣会社に登録をして期間工として働く場合には、担当者が事前に仕事を紹介してくれますから空白期間をあけずに働くことは可能です。
メーカーの求人直接応募して働いている方は、必要があれば自分で次の仕事を探すことになります。

ただ、契約期間があるから何かあっても頑張れる、というのはあります。

次の仕事の心配をしたくない場合には、期間工求人を専門とする派遣会社に登録をされることをおすすめします。

1年で200万円、300万円貯金したいなら期間工しかない?

期間工 1年の貯金額

とにかく1年働いてガッツリ貯金したい、200万円、300万円お金を貯めたい!

となると期間工しか無いのでは、と思います。

車、バイクを買いたい。
海外留学、海外旅行の資金を短期間で貯めたい。
起業資金を貯めたい。
とりあえず今目的は無いけれど、貯金しておきたい!
20代の間に貯金を1,000万円したい。

といった場合、それも未経験から仕事を始めて1年で200万円、300万円貯金できる仕事は期間工でしょう。

期間工は待遇の良い大手自動車メーカーなどの場合、

  • 寮費無料
  • 水道光熱費無料
  • 食費補助
  • 赴任手当
  • 満了者帰任旅費支給

そして高額な満了慰労金があります。

大手自動車メーカーの期間工の平均年収は1年目から平均年収450万円となります。

生活にかかる出費が極端に少ないため、生活費を1ヶ月3万円~5万円ほどで抑えられるでしょう。

月に20万円貯金が出来ることになりますから、1年で240万円の貯金が出来そうですね。
(節約して1年で300万円貯金する期間工の方も)

年齢は関係してきますが、学歴不問、未経験OKで貯金を200万円以上したい場合には期間工の仕事の他思いつきません。

20代、30代で数年の間、期間工として働いて貯金を貯める、という選択肢は十分ありではないでしょうか。

期間工のメリット・デメリット、まとめ

期間工のメリット・デメリットをまとめると、やはり最大のメリットとしては、

期間工は生活費を抑えることが出来るので、給料のほとんどが貯金可能!お金が貯まりやすい

ということが挙げられます。

基本的に寮が用意され、寮費無料、水道光熱費無料、食堂あり、といったように生活コストが一人暮らしと比較して、圧倒的に安いです。

仕事のストレスから買い物しまくってしまったり、パチやスロ、ウマなどにお金を突っ込んでしまうとアレですが、節約することが出来る人なら半年で100万円以上貯金することは十分可能です。

「人生逆転のためにお金を稼ぎたい!」

「家族の生活のために稼ぎたい」

「起業資金を貯めたい」

「奨学金を返済してしまいたい」

といった場合には、最速でお金をなんとかできる環境といえるのではないでしょうか。

期間工は様々な手当で高給与になりやすいメリットあり

期間工はメーカーごとに様々な手当があります。

大型連休に下がる給料を補填できる夏季手当などがあるメーカー。
食事補助があるメーカー。

残業手当・夜勤手当もしっかり支払われます。
期間工が稼げるのは、この残業手当・夜勤手当があるからといっても良いでしょう。

期間従業員ですが、待遇は大手メーカーの正社員と同様となります。
(新卒入社の正社員よりも期間工は高年収です。有期雇用だからこその高待遇、ともいえます)

学歴関係無し、以前の職歴関係無しでいきなり高年収を得ることが出来るのはメリットといって良いでしょう。

大手メーカーの正社員になれる可能性がある

ある程度の年齢になると、期間工を満了退職した後の転職活動が難しくなります。

ブラックな労働になりやすい飲食、販売・小売りなどであれば正社員として中途採用される可能性はありますが、それは避けたい。

デスクワークなどへの転職は難しく、30代になると資格取得しても就職は厳しかったりします。
期間工を辞めても仕事が無い・・・

そうなると、期間工として日頃の勤務状況次第では正社員登用の可能性があることが、大きなメリットになる方も多いのではないでしょうか。

仕事内容よりも、正社員雇用されることに大きな魅力を感じ始める年齢があるといえます。

日本を代表するメーカーであるトヨタ自動車の正社員にもなるチャンスがあります。
(トヨタ自動車は期間工の正社員登用に積極的です)

他のメーカーも期間工の正社員登用に積極的なところは多いですよ。

デメリットを上回るメリット

期間工のデメリットは、

  • 期間工は体力的に大変、シフトに慣れるまで大変
  • 仕事のやりがいが無い
  • 期間工は契約期間がある

などがあります。

寮にもよりますが、相部屋がキツい、寮に変わった人(困った人)がいてトラブルになる、といった恐れもありますが、これはもう運な部分も大きいです。

相部屋が絶対にイヤでしたら、完全個室のメーカーもあります。
情報収集することで、希望の働き方ができるメーカーを見つけることが出来ます。

期間工として働いて環境を変えたい、お金を稼ぎたい、といった目的がある方はとりあえず3ヶ月、働いてみて続けられそうなら契約期間を更新といったことも考えることが出来ます。

稼げる期間工の求人を探すには

期間工の仕事は確かに稼げます。

同年代の平均年収よりも稼げるといって良いでしょう。

学歴、職歴も関係無いですし、未経験から仕事を始めて年収450万円など稼げる仕事はそうそうありません。

また寮も無料ですし、食費も補助されるメーカーなどもあります。
散在をしなければ、期間工は本当にお金が貯まる働き方が可能です。

普通に一人暮らしをしていると、家賃、食費、光熱費、ネット代、携帯料金(ゲーム課金)などがあって、なかなか貯金までお金が回らない・・・といったことになりがちです。

貯金できて月に1万円、2万円といった方が多いと思います。

しかし、期間工であれば1ヶ月の生活費が3万円~5万円といったところです。

給料の手取りのほとんどを貯金に回す事も可能です。

稼げる期間工の仕事を始めるには、派遣会社の利用がおすすめです。

入社祝い金はとてもお得といえます。

⇒ 期間工.jp(アウトソーシング)

⇒ 工場求人ナビ(日総工産株式会社)

-期間工の仕事
-,

Copyright© 期間工おすすめ派遣会社 , 2020 All Rights Reserved.