入社祝い金が高い!おすすめ期間工派遣会社

期間工おすすめ派遣会社

期間工の面接

期間工 志望動機

期間工の志望動機「待遇・福利厚生が良いから」でも大丈夫?

投稿日:

期間工の志望動機 待遇・福利厚生の良さ

期間工の選考・面接は合格率は高いですが、それでも気を抜くと不合格になってしまいます。

期間工になるために重要なのが「志望動機」です。

履歴書にも期間工としてなぜ働きたいのか志望動機を書く必要がありますし、面接でも改めて面接官から質問されます。

志望動機に何を書いたら良いか迷う方も多いと思いますが、その時「期間工の待遇の良さ、福利厚生の良さ」を前面に打ち出して書いても良いのでしょうか。
他にあまり思いつかなくて・・・

ここでは期間工の志望動機、書き方のポイントについてご紹介しています。

期間工で採用されやすい志望動機

期間工の志望動機として、採用されやすいものは実際あります。

採用されやすい、というよりも悪い印象を与えなければ良いと考えることもできます。

期間工は短期で働く契約社員です。

人手が足りないから募集しているのであって、よほど体力が無さそう、採用してから問題を起こしそう、と思われなければ採用前提で面接官は考えてくれます。

期間工の志望動機として実際に採用された例としては、

  • 将来目標(起業、留学など)があり、貯金をしたい
  • 結婚資金、新婚旅行の資金を貯めたい
  • 体を動かす仕事がしたい
  • 応募したメーカーの自動車が好き
  • 待遇、福利厚生の良さが魅力
  • モノづくりに興味がある

などがあります。

期間工、本音の志望動機は「お金」を稼ぎたい!

面接では色々と志望動機を考えて、話すことになるのですが・・・

本音の本音は「お金を稼ぎたい!」ですよね?

収入が良いから期間工として働く気になった、のではないでしょうか。

また高収入を稼げているから期間工ループしているのではないでしょうか。

期間工に応募する人の目的が「お金を稼ぎたい」であることは面接官は分かっています。

面接で知りたいのは、応募者を期間工として採用した場合、

「長くしっかりとキツい期間工の仕事に取り組んでくれるのかどうか、期間満了まで働いてくれるかどうか」

なのです。

その上で、どんな志望動機を話すのか、面接中の雰囲気はどうか、面接で話す内容に一貫性はある?などを見ています。

ですから、期間工として採用されるにはこうした志望動機が全てではなく、面接官に全体の雰囲気、人となりも見られていることも意識することが大切です。

志望動機だけではない、面接対策を

志望動機は無難でも、

「面接中、ずっと目がキョロキョロしている。視線を一度も合わせないし手も足もずっと動いていて落ちつかない」

といった応募者は不採用になるでしょう。

期間工の面接は正社員の試験ではなく、短期の契約社員、アルバイトを採用するためのものですからもっと気楽に受けても大丈夫です。

よっぽど酷い志望動機でなければ大丈夫なので、リラックスして面接を受けてくださいね。

ただ面接はやっぱり緊張してしまうもの。

心配であれば、派遣会社経由で応募する際に担当者に面接対策を特にお願いされると良いと思います。

期間工の面接でよく聞かれる質問など教えてもらえますし、内定を勝ち取るために模擬面接なども実施してくれます。

期間工の志望動機は「待遇・福利厚生が良いから」でも大丈夫

期間工の志望動機は普通にまとまっていれば問題なし、とされることが多いです。

採用されます。

「期間工は待遇や福利厚生が良いから」

といった内容でも大丈夫です。

期間工として働く以上、待遇や福利厚生が良いことは応募先選びの大切なポイントになります。

ただ、志望動機として待遇・福利厚生をメインにするのは少々弱いため、

お金を稼ぎたい理由+待遇・福利厚生が良いので御社に応募しました

といった合わせ技の志望動機でアピールされると良いでしょう。

  • お金を稼ぎたい理由がある
  • そこそこお金がかかる目的なので長期で期間工として働きたいアピール
  • 待遇・福利厚生が良さそうなので御社の期間工を選んだ

といった流れになります。

待遇や福利厚生の良さを志望動機にする以上、他のメーカーの給料や手当、待遇・福利厚生を調べてどこが良いと思ったのかを話せるように準備はしておきたいですが、ネチネチとずっとそれに関して質問を突っ込んでくる面接官はいないと思いますので安心してください。

期間工の志望動機で重要なのは?

面接官がどんな期間工を採用したいかというと、

「真面目に働いてくれて、出来れば2年11ヶ月の期間満了してくれる期間工」

です。

体力がある、健康であることが重視されます。

だから20代、30代前半くらいまでは基本的に採用されやすいです。

40代以降はメーカーによっては不採用、人手不足の時期なら採用など生産状況により、といった感じが強くなってきます。

与えられた仕事に真面目に取り組んでくれそうかどうか、途中で逃げ出さないかどうか、といったことです。

面接官に対してそのあたりに不安を抱かせる志望動機、面接の受け答えにならなければ十分採用される、といえます。

期間工の仕事は体力勝負ですが、作業自体は単純化されているため慣れることが出来ればそのまま続けられる人が多いです。

真面目に長く働けます!

キツくても大丈夫です!

夜勤も大丈夫です!

といった答えを元気よく返すことが大切になります。

期間工で不採用になりやすい人

期間工は合格率が高いのですが、それでも応募者が100%採用されるわけではありません。

ついポロッと借金のことを話してしまった、3ヶ月だけ働きたい、病気があるといったことを面接で話してしまうと、不採用になりやすくなります。

借金がある人はトラブルになりやすいため不採用になるといわれます。

またメーカーとしては短期満了されると仕事を教えるだけ教えて退職、となるのでせっかく教えたその時間が無駄、人件費を回収できないことになります。

精神的な病気、腰痛など病気があると遅刻・早退・欠勤に繋がりやすく仕事上のミスの恐れあり、ということで不採用になりやすくなります。

健康な人でも期間工の仕事をしていて腰痛になることがあるくらいですから、元々体調の悪い人は辛い仕事です。

しっかり治してから応募したり、ケアを万全にしてから働くなどはされたほうが良いでしょう。

採用されやすい期間工ですが、面接準備は大切といえます。

志望動機に関してはよほど言っている内容が、話のたびにバラバラになったりネガティブにならなければ問題無い、といえます。

それよりも面接では話し方、振る舞いなど全体の雰囲気も見られていることを意識されることも大切です。

期間工おすすめ求人サイト

⇒ 【高額な入社祝い金あり求人多数!】期間工最大手 アウトソーシング

期間工の求人を探すなら業界最大手のアウトソーシングがおすすめです。

入社祝い金が高額な期間工求人も多く、内定者実績も業界No.1です。

内定を勝ち取るための模擬面接などサポートもしてもらえます。

-期間工 志望動機
-

Copyright© 期間工おすすめ派遣会社 , 2020 All Rights Reserved.