入社祝い金が高い!おすすめ期間工派遣会社

期間工おすすめ派遣会社

ゴールデンウィークの長期休暇

期間工の休み

期間工の長期休暇、休みについて

投稿日:

期間工の長期休暇、休みはどうなる?

期間工の長期休暇、休日について気になっている方も多いと思います。

勤務するメーカーによって勤務体形は異なりますが、基本、週休2日でしっかり休みは取ることが出来ます。
普段は稼ぐためにフルで忙しく働き、長期休暇でリフレッシュすることが出来ます。

大手メーカーですから長期休暇も確実に取ることが出来ます。

ブラック企業のようにゴールデンウィークもお正月も関係無く出勤、働く、といったことはあり得ません。

この記事では、期間工の長期休暇、休みについてご紹介しています。
お金を貯めるには、休日の過ごし方もポイントになりますね。

期間工は長期休暇がしっかり取れます

期間工は原則週休二日制で、祝日は関係無く働くことが多いのですが長期休暇はしっかり取ることが出来ます。

工場が休みになりますから、働きたくても働けません。

サービス業、販売の仕事だと長期休暇は書き入れ時!という場合も多く、長期休暇の方が休みが無い、といった人も多いですからね。

休みのことだけ考えると、期間工は確実に長期休暇を取ることが出来るメリットがあります。

期間工の長期連休

期間工の長期休暇は年に3つあります。

普通の会社員よりも長く連休が取れるでしょうし確実に休みですから、帰省の予定や旅行の予定も立てやすいといえます。

直前にならないとシフトが出ないから、飛行機のチケットが取れない・・・といったことはありません。

また期間工の長期休暇で注意したいのは、寮の食堂も休みになるかどうかです。

長期休暇中は食堂も休みになる場合には、全て外食、コンビニ食などになると思いますので、普段以上に出費が多くなりがちです。

それでいて出勤日が減るため、お金の面でじわじわと効いてくる感じです。

3つある期間工の長期休暇

期間工の一年の長期休暇は3つあります。

  • ゴールデンウィーク
  • お盆
  • 年末年始・お正月

です。

ゴールデンウィーク(GW)

期間工の長期休暇としてはやはりゴールデンウィークがあります。

その年のカレンダーによりますが、10連休など月の3分の1が休み、といった年もあります。

前後に有給をくっつけることが出来ればさらに大型連休にすることが可能です。

これだけの休みがあれば、海外旅行もしっかり楽しむことができますね。

確実に長期休暇が取れると分かっている期間工は、予定が立てやすいメリットはあります。

お盆

お盆も年度によっては超大型連休になる可能性があります。

休みはほどほどで良い、働いて稼ぎたい、という期間工の方にとっては超のつくような大型連休は嬉しくないかもしれませんね。

年末年始に帰省するから、お盆は帰省しない、という方も多いでしょう。

そうなると、連休中の過ごし方が大切になってきますね。

年末年始・お正月

年末年始も期間工の長期休暇となります。

カレンダー次第ですが、年によっては9連休、10連休など長期連休です。

会社勤めの方でしたら休みが多いと仕事しなくても一定の給料が貰えて嬉しいものですが、期間工は日給制、働いてナンボです。

長期連休になる年度の年末年始は節約に意識を向ける必要がありそうです。

やはり実家に帰省、といった方が多い時期でしょうか。

期間工の給料が一番低くなるのは9月?

お金が無い

期間工は働いてナンボです。

働かないと日給、残業が発生しませんから、給料はゼロです。

スバルのように長期休暇手当があるメーカーもありますが、そうした長期休暇手当が無いメーカーも多いです。

そうなると、長期休暇があると給料はガクッと減ることになってしまいます・・・

特に期間工の給料が減るのが、9月の給与です。

8月はお盆の長期休暇がありますが、お盆は全ての休日が8月の中に含まれているためです。

そのため、9月の期間の給料は人によっては15万~17万といったことになってしまいます。

さらにお盆で帰省してお金を遣いまくったり、旅行などに行ったりすれば結構なお金を遣うことになりますね。

暇なのでついパチンコに行って・・・給料以上に負けた、となれば笑えません。

期間工がお金を貯めるには、長期休暇をどう過ごすかは大きなポイントになるといえそうです。

期間工の有給休暇について

期間工も有給休暇がちゃんとあります。
入社してから6ヶ月経つと有給休暇が付与されます。

しかし、中にはもっと早くに付与されるメーカーもあります。
そうした期間工の有給休暇については次の記事でまとめています。

期間工の休み 関連記事

期間工の有給休暇はいつ、何日もらえる?

期間工にも有給休暇(年次有給休暇・年休)はあります。
期間工の有給休暇はいつ、何日もらえるのか。また実際、有給を使うことはできるのか、といったことを掲載しています。

期間工の長期休暇、休日を節約して過ごすには

期間工として働く目的は、

「お金を稼ぐこと」

という方がやはり多いと思います。

そうなると、やはり休日の過ごし方、長期休暇の過ごし方でお金の貯まり方がかなり違ってきます。

一番お金がかからないのは、部屋に引きこもること
普通の土日など休みは、寝て体力回復する方が多いでしょう。

ただし、長期休暇の場合にはあまり引きこもっていると、休み明けの勤務で体が辛くなる可能性大です。

実家に帰ると地元の友達と出かけてしまってお金を遣ってしまう、という方も多いでしょうし、長期休暇の時期は飛行機、新幹線なども割増料金で出費がすごいです。

お金のかからない趣味があると良いですね。

宿泊費の安いビジネスホテル、カプセルホテルに泊まってプチ旅行もおすすめです。

結構、安く抑えることが出来ます。

遠方から出ている方は、せっかくですから近郊の都市を旅行して美味いもの三昧するのもリフレッシュになりますのでおすすめです。

期間工になるなら派遣会社経由がおすすめ

期間工おすすめ派遣会社

これから期間工として働くのであれば、派遣会社を経由して期間工求人を探すのがおすすめです。

その理由は、高額な入社祝い金がある求人が多いから!

入社祝い金40万円、50万円があると期間工として働く初年度の年収が大きく変わってきますよ。

-期間工の休み
-

Copyright© 期間工おすすめ派遣会社 , 2020 All Rights Reserved.