入社祝い金が高い!おすすめ期間工派遣会社

期間工おすすめ派遣会社

工場求人サイトを利用するポイント

期間工求人サイト

期間工 アウトソーシングで応募するメリット・デメリット

投稿日:2019年12月24日 更新日:

期間工求人をアウトソーシングで探すメリット・デメリット

期間工になる場合、新聞の折り込みチラシなどではなく、アウトソーシングなど派遣会社を経由して応募した方がメリットがあります。

メリットだけではなくて、デメリットもあります。

入社祝い金の他、メーカー期間工求人への合格率を上げるためのサポートなどのメリット。

希望とは違うメーカー期間工求人を勧められるといったデメリットなど。

この記事では期間工求人に応募する際に、アウトソーシング経由のメリット・デメリットについてご紹介しています。

⇒ アウトソーシングの期間工求人(入社祝い金が高い求人が多い)を見てみる

期間工求人をアウトソーシングで探す

期間工求人に応募する場合、アウトソーシングなど派遣会社を経由して応募した方がメリットが多い、といえます。

アウトソーシングが運営する期間工.jpというサイトでは、大手メーカー40社以上の期間工求人が紹介されています。

直接応募よりもアウトソーシング経由で応募する一番のメリットは、高額な入社祝い金が多い!ということでしょう。

アウトソーシング経由で期間工求人に応募するメリット・デメリットについてみていきましょう。

期間工 アウトソーシング経由で応募するメリット

期間工になる、稼ぎたい、稼がないといけない理由がある、といった場合アウトソーシングを経由して入社祝い金を貰わないと絶対に損です。

アウトソーシングの利用数は業界トップクラス。

多くの人がアウトソーシングを利用して期間工求人に応募するのはメリットがあるからといえます。

アウトソーシング経由のメリット、入社祝い金を貰える

アウトソーシングを経由して期間工求人に応募する一番のメリットは、やはり高額な入社祝い金をもらうことが出来る、という点でしょう。

アウトソーシング入社祝い金が高い期間工求人

2019年12月24日時点のアウトソーシングでの「入社祝い金等30万円以上の期間工求人」です。

時期によってキャンペーン内容(入社祝い金の金額など)は変わります。

やはり入社祝い金が高額になりやすいのは、人手不足時期、期間工の大量募集時期などになります。

アウトソーシングは他の派遣会社、求人紹介会社と比較して、入社祝い金は高額な求人が多いことが特徴です。

アウトソーシングは期間工求人の紹介数が業界トップクラス

アウトソーシングの期間工求人

アウトソーシングは期間工の求人紹介数が業界トップクラスです。

内定者実績は2018年度で3850名!

また紹介可能な大手メーカーも40社以上と業界トップクラスとなっています。

期間工の求人情報もメーカー別、入社祝い金の金額別などで探しやすく便利です。

履歴書の添削が受けられる

採用されやすい期間工ですが、落ちる人もいます

履歴書の内容で採用、不採用が分かれるケースがあります。

多くの求職者の採用実績があるアウトソーシングでは、採用されやすい履歴書や職務経歴書の書き方についてのノウハウもありますので、メーカーの選考会で合格するための履歴書になるために添削を行ってくれます。

面接対策で合格確率を上げられる

期間工になるためには面接に合格する必要があります。

アウトソーシングではこの面接に合格するためのサポートも受けることが出来ます。

面接で聞かれる事が多い質問に対しての答え方など、模擬面接で対策をできることもメリットです。

メーカー的にこうした人材は不採用、といったNGな答えなどはやはりあります。

期間工の仕事探しの相談が出来る

期間工になる、といっても人それぞれ条件があると思います。

  • 20代、体力も自信があるしとにかく稼ぎたい!
  • 自宅から通えるメーカーの工場を中心に探したい
  • 給与は少し下がっても良いから、体力的に楽な作業で働きたい
  • 正社員登用を狙いたい
  • 寮で相部屋は絶対イヤだ

アウトソーシングの担当者は期間工専門でそれぞれのメーカーについて、詳しい情報を持っています。

そのため、年収、満了慰労金、各種手当てなど待遇、寮生活についての希望、仕事内容など相談をしながら、仕事探しを進めることが出来ます。

例えば、人気のトヨタ自動車ですが、誰でも採用されるわけではなく不採用になる人もいます。

稼げると聞いたトヨタ自動車で働きたいけれど、未経験で30代後半など年齢的に難しいという場合には、30代後半でも採用されやすいメーカーの紹介などを受けることが出来ます。

期間工になるという方は独身男性が多いと思いますが、女性もいるでしょうし家族持ちの方もいるでしょう。

期間工として働くための条件、希望を相談しながら仕事探しが出来るのもメリットでしょう。

期間工 アウトソーシング経由のデメリット

期間工になるために便利なアウトソーシングですが、デメリットもあります。

ここからはデメリットについてまとめています。

メーカーへの応募前に時間がかかる

アウトソーシングなど派遣会社を利用して期間工求人に応募する場合、まずアウトソーシングの担当者との面接があります。

履歴書もアウトソーシングに送る必要があります。

すぐに期間工として働きたい自動車メーカーに応募出来ないということをデメリットに感じる方もいるかもしれません。

ただ、こうした一手間(アウトソーシング担当者との面談)があることによって、応募前に履歴書の添削を受けることが出来ます。
働く希望条件から適したメーカーを探してもらう、といった相談も可能です。

採用されやすい、と言われる期間工ですがトヨタ自動車など人気メーカー、待遇の良いメーカーになると全ての期間工希望者が採用されるわけではなくて、不採用になる人も意外と出ます。

出来る限り、採用されるされる可能性を上げるために、こうした履歴書の添削や後日ある面接対策のサポートなどは重要といえます。

とはいえ、来月のクレジットカードの返済が厳しい、とにかく早く期間工として働いて収入を得たい!

といったような場合には、すぐに応募出来ないのはデメリットに感じそうです。

とはいえ、すぐに応募出来るメーカー(部品系も含めて)期間工求人を紹介してもらえるように相談は可能です。

その時の求人状況によって採用されやすい、採用を絞っているなどの状況もあるでしょうから、まずは派遣会社に相談されることをおすすめします。

期間工として応募したいメーカー以外を勧められるデメリット

アウトソーシングなど派遣会社としては、応募した人材が採用されて働いてもらうことが目的です。

そのため、その時々のメーカーの人材採用状況によって、

  • 期間工未経験者
  • 年齢が高い求職者

などは、不採用の可能性が高いという場合には他のメーカーへの応募を勧められることもあります。

40代の期間工未経験者がどうしてもトヨタ自動車で働いて高収入を得たい!と思っても、採用される可能性はやはり低くなりますので応募を渋られる・・・他の40代未経験でも採用されやすいメーカーを勧められる、といったことは多いでしょう。

アウトソーシングだから、というわけではなくこれは他の派遣会社などでも十分、あり得ることではありますね。

期間工ではないですが、40代になると普通に転職市場で相手にされなくなってきます。

リクルートエージェントやDODAなども40代で特別なスキルが無いと、「紹介出来る求人はありません」といった対応になります。

アウトソーシングは期間工を紹介して手数料をもらう派遣会社ですから、採用されやすいメーカーをおすすめされるのは仕方無い面もあります。

担当者としても、求職者の方には合格して欲しい、というのもあるでしょう。

不採用になってばかりでも仕方無いですから(日数もかかってしまいます)、デメリットでもあり、メリットでもあるといったところでしょうか。

期間工として稼ぐなら入社祝い金は絶対貰った方がお得!

期間工として働く目的は「高収入」「お金」という方は多いと思います。

であればメーカーによっては40万円以上という高額な金額になる入社祝い金は絶対に貰った方がお得です!

メーカーに直接応募する場合、入社祝い金が無い場合も多いですし、入社祝い金があったとしても5万円、10万円などの金額の場合もあります。

入社祝い金が40万円となると、期間工1年目の年収も大きくアップすることが可能です。

入社祝い金が既に月収以上の金額ですから、貰わないと絶対に損!といえます。

アウトソーシングは入社祝い金が高い期間工求人が多いこともあり、多くの方に利用されています。

class="huto">アウトソーシングで入社祝い金40万円、50万円の期間工求人を見てみる

-期間工求人サイト
-,

Copyright© 期間工おすすめ派遣会社 , 2020 All Rights Reserved.