入社祝い金が高い!おすすめ期間工派遣会社

期間工おすすめ派遣会社

期間工になる

期間工の仕事

期間工 受かりやすい時期について

投稿日:2019年12月18日 更新日:

期間工 受かりやすい時期

期間工に受かりやすい時期ってあるの?

稼ぐためにトヨタやホンダの期間工求人に応募しようと思っているけれど、万が一にも採用試験に落ちたくない・・・。
働きたいメーカーに落ちるのは、避けたいです。

期間工は一年中、募集がある印象ですが大量募集されることが多い時期、入社祝い金が高騰!人手が足りない時期などがあります。

借金返済のために待ったなし、すぐに期間工として働いて高収入を得たい場合には時期は待てませんが、そうでは無い場合には派遣会社の入社祝い金などが相場以上に高額になる期間工に受かりやすい時期を待ってみても良いかもしれません。

入社祝い金が高額な期間工おすすめ派遣会社についても、ご紹介しています。

期間工に採用されやすい時期ってあるの?

期間工に受かりやすい時期はあります。

働きたいメーカー(人気は高収入のトヨタ)があるのに不採用になると、結構ショックではないでしょうか。

採用確率が非常に高い期間工で落ちる・・・というのは実際無い事もないのですが、やはりショックではと思います。

そうしたことを避けるためにも、期間工に受かりやすい時期を狙って求人に応募してみるのも、おすすめです。

期間工は時期的に行われる定期的な募集、そして不定期・臨時の大量募集があります。

定期募集の時期(3月~5月、9月~11月)

メーカー各社が定期募集を行う時期は、毎年春の3月~5月、秋の9月~11月頃が多いと言えます。

この時期は契約満了で期間工を辞める人、期間工ループで違うメーカーで働く人などが多く出るため新たに期間工を多く募集することが多い時期です。

より受かりやすい時期、ということでいうと3月、4月頃の期間工募集でしょうか。

不定期、臨時の大量募集

不定期に行われる期間工の大量募集もあります。

生産が追いつかない時などに募集されます。

この時期はとにかく人手を集める必要があるために、通常の期間工募集よりも採用基準が甘くなることも多いと言います。

入社祝い金も上がりやすいため、派遣会社を経由して期間工に応募するのがおすすめです。

派遣会社を利用している場合、担当者から臨時募集でおすすめ、など教えてもらえることもあるでしょう。

期間工に受かりやすい臨時募集ですが・・・

臨時で期間工が募集される場合、生産が間に合わないほど忙しい時期でもあるためとにかく優先して人手確保、採用されやすい時期といえます。

期間工が未経験の35歳以上でも採用されやすい時期、ともなります。
(体力勝負の期間工の仕事は、未経験だと35歳以上は厳しいと言われます)

しかし、その忙しさも過ぎてしまうと今度は人が余ることにもなりかねません。

つまり、3ヶ月、6ヶ月と契約期間を働いた後、契約更新ができない可能性があるということです。

期間限定での募集かどうかを応募の際に確認した方が良いかもしれません。

もちろん人材紹介会社や派遣会社を利用して働いている場合、契約満了の後の新たな期間工求人を探して紹介してくれますので、仕事が全く見つからないことは無いでしょう。

事前に、働きたいメーカーや工場の場所など希望があれば担当者に伝えておかれることをおすすめします。

期間工に採用されにくい時期はいつ?

逆に期間工に採用されにくい時期はあるの?ということになりますが、求人が減る時期は確かにあるかもしれませんが、だからといって採用されにくいといったことは無いと言えます。

若く健康で期間満了までしっかり働ける20代はまずちゃんと期間工の仕事が決まるはずです。

採用されにくいのは、30代後半、40代と年齢が高くなってくる人。

期間工の仕事は体力勝負、ということで年齢が高くなるほど採用が厳しくなっていきます。
(特に未経験者の場合、採用されるには採用基準が甘くなる繁忙期、臨時募集を狙うことも必要になってきます)

志望動機が弱い人、すぐに辞めそうな印象を持たれてしまう人、などです。

自動車メーカーが期間工を採用する時に求めるのは、

健康で遅刻・欠勤などがなく、問題を起こさず期間満了までしっかり働いてくれる人

です。

こうしたことを面接でもしっかりアピールできるように準備をすることが大切になります。

期間工の仕事を(できれば)避けた方が良い時期

一年を通して募集がある期間工ですが、働くのがキツイ時期がやはりあります。

それは7月、8月といった夏場となります。

特に初めて期間工として働く場合、仕事にも慣れていないストレス、緊張、それに加えて暑さと、過酷な状況になりやすいといえます。

夏のボーナス前は自動車業界の繁忙期です。

生産台数も増え、常よりも忙しく残業が多く確かに給料を稼ぐことは出来ますが、一年で最もキツイ時期、という期間工経験者は多いです。

そうなると期間工になる狙い目の時期は、9月~11月の募集です。

過ごしやすい時期ということもありますし、夏ほど忙しく無い時期ということで生活リズムも掴みやすいといえます。

自動車工場の繁忙期は受かりやすい?

期間工が受かりやすい時期、採用されやすい時期は人手が足りなくなる時期です。

つまり、自動車工場の繁忙期となります。

最も忙しい、と言われるのは2月、3月です。

決算時期のために自動車販売に力を入れるディーラーも多く、また新生活で車が必要になる方は購入・買い替えをします。

ボーナス時期である7月、12月も高額商品が売れる時期です。

車もこの時期に売れる傾向があり、自動車工場も忙しく期間工の募集も多くなります。

ただ、先ほどもありましたが初めて期間工として働く場合、夏の暑さはキツい仕事をさらにキツくしてしまうため、少し涼しくなり始めてから期間工として働いた方が良いという経験者は多いです。

秋の9月~11月頃も期間工の定期募集がかかることが多いので、受かりやすい時期としてお考えになってみてはと思います。

期間工に受かりやすい時期を狙いつつ、プロに相談がおすすめ

期間工に受かりやすい時期は確かにあります。

特に稼ぎたい事情があって期間工で働きたい30代後半の未経験の方などは、採用されやすい時期を狙う必要がありそうです。

また派遣会社を経由して期間工求人への応募を考える場合、担当者から採用されるためのアドバイスなどをもらえます。

(どうしても厳しい場合には、そうしたアドバイスも頂くこともあるかもしれませんが・・・)

採用されやすい臨時募集に関しての情報ももらえるかもしれません。

また何より高額な入社祝い金をもらいつつ、期間工として働くことができれば40万円近く給料がアップします。

稼げる期間工の仕事を始めるには、派遣会社の利用がおすすめです。

中でも、入社祝い金が高額になることが多いアウトソーシングがおすすめです。

⇒ 期間工.jp(アウトソーシング)

-期間工の仕事
-,

Copyright© 期間工おすすめ派遣会社 , 2020 All Rights Reserved.